歯を支える骨を大切にする

ホームへ戻る > 歯を支える骨を大切にする

歯医者へ行くときの持ち物って?
痛くない歯医者とは
信頼できる歯医者とは
歯医者で蓄膿症を治療する費用
歯医者はのレーザー治療はどこまで活用できるのか

歯のホワイトニング歯のホワイトニングや歯の表面を薄く削り、「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表目に貼り付けるラミネート法などを行う審美歯科が増えています。しかし、「自分の歯を生涯使用する」ということを考えると、これらは歯の寿命を短くする可能性がある処置です。


自分の歯を生涯使用するには、歯を支えている骨がなくなり、自然に歯が抜けてしまう歯周病対策を行うことが大切です。歯周病は30代以上の8割近くがかかっているといわれています。歯周病のない健康な歯を維持するには、継続的なケアが必要です。文京区には予防歯科の科目で歯科衛生士によるプロフェッショナルケア「PMTC」と呼ばれる、専用機材を使った歯垢や歯石の除去、歯の研磨などのクリーニングや自宅でのブラッシング指導、フッ素塗布を行っている歯科があります。

予防歯科は乳歯が生え始めたら受診することをお勧めします。予防歯科では、12歳頃まで虫歯にならなかった子供はそれ以降虫歯になる可能性は低いとされています。


子供のころから虫歯のできない生活習慣を身につければ、将来、歯周病や虫歯で歯を失うことはないのです。文京区で評判の高い予防歯科を探すには文京区歯科医師会のホームページや口コミサイトを参考にするとよいでしょう。