痛くない歯医者とは

ホームへ戻る >  歯を支える骨を大切にする  > 痛くない歯医者とは

痛くない歯医者とは歯医者が怖いと思う人の多くは、痛みを感じるから嫌だという意見を持っています。「歯医者で歯を削られた時に痛くて死ぬ思いがした」とか、「麻酔をかけたのに麻酔がうまく効かなくて痛くて痛くてどうしようもなかった」と話す人もいます。歯医者でのドリルの「キュイーン」という音を聞くだけで耳をふさぎたくなるという人さえいます。


確かに、好きで医者に行く人はそう多くはありません。でも、虫歯や歯周病を放っておくと取り返しの付かない事態になりかねません。


そのようなときに選びたいのが痛みの少ない歯科医です。歯科医の中には無痛治療を前面にアピールして治療を行なっているところが増えています。無痛治療の特徴は、麻酔をかける際にも、注射針の痛みを感じさせない治療を行ったり、痛みが少ない医療器具を用いて治療を行うなど、痛みの原因を徹底的に排除した治療を心がけています。

例えば、麻酔をする際に注射針の痛みを感じさせないようにするための、針を指す前の麻酔処置を行います。これは麻酔注射を打つ部分に表面麻酔薬を塗布し、麻酔が効いてきた時点で痛みが少ない注射針を用いて局部麻酔を行うという方法です。


また、痛みが少ない医療器具として、レーザー治療を行なっている歯科医も増えています。レーザー治療とは、レーザー光線を使って虫歯治療や歯周病を治療する方法のことで、痛みが少ないのが特徴です。


また、精神面での緊張を抑えるために、笑気麻酔と呼ばれる方法により、リラックスした状態で治療を行います。