歯医者はのレーザー治療はどこまで活用できるのか

ホームへ戻る >  歯を支える骨を大切にする  > 歯医者はのレーザー治療はどこまで活用できるのか

無痛治療の選択肢として注目されている医療用レーザー。この装置を導入する歯医者も増えています。ドリルのように歯の表面を削ることもなく、麻酔を使用する必要もほとんどない。しかも歯周病の治療の際にも痛みや出血を最小限に抑えることができる。理想的な治療方法のようにも思えます。


ただ、このレーザー治療には活用できる範囲に限界があるといいます。多くの歯医者で使用されているレーザーはヤグ(Yag)レーザーと呼ばれているものです。照射することで歯を削ることができる唯一のレーザーであり、保険適用が可能なレーザーでもあります。ただ削るといってもドリルほどの効果は期待できず、麻酔が必要になるような重度の虫歯では活用することができません。

無痛治療としてレーザー治療を受けたいと思っている人はこの点に注意しておく必要があります。一方、口腔に生じるさまざまな問題、痛みを緩和する方法として役立てられている面もあります。たとえば口内炎や口角炎、顎関節症などの痛みを和らげる際に効果を発揮します。義歯が原因で生じた潰瘍の治療にも用いられます。こうした問題に関する無痛治療としても役立っているわけです。


このように、歯医者でのレーザー治療は虫歯の治療においては役割に限界がある一方、より広い範囲で負担を和らげる治療として役立っています。レーザー治療を検討する際には虫歯や歯周病だけに留まらず、広い視野に立ったうえで歯医者選びを行っていくとよいのではないでしょうか。