歯医者の無痛治療とはなんなのか?

ホームへ戻る > 歯医者の無痛治療とはなんなのか?

虫歯治療で痛みを感じない人とは
歯医者で無痛治療を受けたい場合
ウォーターサーバー水の導入のメリット
一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入する場合
ウォーターサーバーのボトル代

歯医者選びを行う際、無痛治療を導入しているかどうかを判断材料にしている人も多いでしょう。虫歯の治療を受ける上で最大のネックとなるのが痛み。これが嫌でなかなか治療を受けずにいる人も多いはずです。現在では医療技術の進歩もあり、さまざまな痛みのない治療方法が登場しているため、それが大事な判断材料となるわけです。


では無痛治療とはそもそもどのようなものなのでしょうか。冷静に考えれば麻酔そのものが無痛治療といえます。歯を削る際や歯肉を切開する際の痛みを感じないようにするのが麻酔なのです。しかし患者の中にはこの麻酔に恐怖や不安を感じる人も少なくありません。麻酔は注射針で行い、歯茎に挿入して麻酔薬を注入することになります。その際に痛みがつきまとうのです。

ですから、極端な表現をすれば歯医者の無痛治療とは「痛みを感じさせない治療」ではなく、「痛みを感じさせない麻酔」となるのです。そのため、いかに麻酔の負担を和らげるかが最大のポイントとなります。麻酔針を細くするなど、麻酔そのものの痛みや負担を和らげる方法もありますし、麻酔の痛みを和らげるためにまず表面麻酔を行うというケースもあります。


このように、歯医者の無痛治療は麻酔環境によって決まるといっても過言ではない面を持っています。麻酔が気にならない人はとくに気にしないでもよいといってもよいでしょう。こうした面を踏まえたうえで自分にとって必要なのかどうかを判断することも求められます。