虫歯治療で痛みを感じない人とは

ホームへ戻る >  歯医者の無痛治療とはなんなのか?  > 虫歯治療で痛みを感じない人とは

歯医者での治療が苦手な人とそうでない人がいます。苦手な人はちょっとした治療でも強い痛みを感じてしまうものですし、それ以前に恐怖や不安から気分が悪くなってしまうこともあります。無痛治療はそういった問題を解消するために行われるものですが、当然必要性や効き目には個人差があります。


痛みにも個人差があり、同じ刺激をもたらしてもある人は痛みをほとんど感じなかったのに別の人は激しい痛みに晒された、というケースもよくあります。これは歯医者での治療でも同様です。同じような状態の虫歯で、同じ治療を行ったにも関わらず激痛を感じる人と、とくに負担を感じない人もいるわけです。

無痛治療ではこの点も考慮しておく必要があります。誰でも痛みをなるべく感じずに治療を受けたいと思うもの。とくに虫歯は頻繁に治療を受けるケースも多いだけになおのこと。無痛治療が普及しているのもこの点が主な要因でしょう。ただ、人によって必要かどうか異なってくることもあるのです。痛みをそれほど感じない人、あるいは我慢強い人は特別な対策を行わずとも、普通の治療で問題を感じないで済むでしょうし、痛みに敏感な人は無痛治療を受けたとしても痛みや不安に晒されてしまう場合もあります。


ですから、まず自分に必要なのかどうかをよく見極め、また痛みに敏感な人は自分にも効果が得られる方法を選択する必要があります。この辺は事前に歯医者とよく相談して決めることになります。場合によっては適切な治療方法を導入している歯医者を探す必要も出てきますから、慎重に見極めていきたいところです。