歯医者で無痛治療を受けたい場合

ホームへ戻る >  歯医者の無痛治療とはなんなのか?  > 歯医者で無痛治療を受けたい場合

技術の進歩もあり、歯医者ではさまざまな無痛治療が導入されるようになっています。医療用レーザーなど高度な機器が使用されることもあります。虫歯の治療の痛みが嫌でたまらない人にとっては無痛治療をどれだけ重視しているかかが歯医者を選ぶポイントとなるでしょう。


ただ、その前に忘れてはならないポイントがあります。当然のことですが、虫歯が悪化すればするほど痛みが強くなること、そして治療の際の負担が大きくなること。初期の虫歯なら麻酔の必要もなく表面を削るだけで治療することができますが、重くなっていくと削る量が多くなるため麻酔が必要になります。

さらに虫歯が根にまで進んでしまっていると神経を抜く作業が行われます。麻酔の量も多く、効果が切れた後に強い痛みに見舞われることもあります。つまり、無痛治療を受けたい場合には最新の技術や機器を選ぶだけではなく、痛みの少ない治療で済む段階で治療を受けるよう心がけることが重要なのです。


この基本的な部分がないがしろにされてしまっている面も見られます。歯医者が嫌いな人は虫歯になってもなかなか治療に行かず、どうにもならないほど進行した後になって無痛治療の方法を探すケースも見られます。痛みを感じたくないと思っているばかりに、痛みが強い治療方法しか選択肢がない状況に自らを追い込んでいるわけです。そんなことがないよう、歯医者の無痛治療とは本来どのようなものなのかを改めて見直してみるとよいのではないでしょうか