一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入する場合

ホームへ戻る >  歯医者の無痛治療とはなんなのか?  > 一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入する場合

一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入する時には、どんなことを注意すればよいのでしょうか。まず水の量から考えてみましょう。一人暮らしの方がひと月に使う水の量は12Lから13Lと言われています(これは目安で、個人によって違いがあります)。ウォーターサーバーの会社によっては、月に購入する水の量が決まっているところがあります。例えば、ある会社は水が入ったボトルを2本購入するようになっています。ボトル2本分で24Lなので、一人暮らしの方は多すぎる量になります。一人暮らしの方は、ボトル1本からでも購入できる会社を選びましょう。


通常、水はボトルに入れられて配達されます。このボトルの重さのことも考えましょう。水が12L入ったボトルは結構な重さになります。

それをサーバーまで運んで取り付けるのは結構大変です。一人暮らしの男性なら問題はほとんどないでしょうが、女性の場合だったら難しいこともあるでしょう。小さなボトルに入れて配達してくれる会社もあります。一人暮らしの女性の方はそういった会社を選ばれたら良いと思います。


水は産地で採取され、厳しい検査を経た後に一般の家に届けられます。送料は無料の会社が多いのですが、配達時間の指定をできない会社もあります。一人暮らしの方の場合、配達の時間に家にいなかったら、水が入っているボトルを受け取れないこともあるでしょう。そんな場合、ボトルは玄関に置かれたままになる可能性があります。ボトルが放置されたままでいることに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。一人暮らしの方は水の配達時間が指定できる会社を選べましょう。