舌側矯正の費用

ホームへ戻る >  水サーバーと停電の問題  > 舌側矯正の費用

通常歯並びの矯正をする時には、歯の表面に装置をつけることが多いです。ところがこの方法では、どうしても装置が目立ってしまいます。そこで、人前で歯を見せることができなくなる人もいます。そこで最近の歯並びの矯正装置を見てみると、目立たないようにする配慮がなされるケースもあります。その中の一つに、舌側矯正があります。この治療法は、本来表面に装着する装置を裏側から装着することで、歯並びの調整をしていく手法を指します。こうすれば、表側からは装置が目立たないので、口元が気になることもありません。


この治療法が登場した当初は、痛さがひどくなるケースもあったと言われています。なぜなら装置が大きすぎるので、口内にかかる負担がどうしても大きくなってしまうからでした。しかし最近では、装置の改良もどんどん進んでいます。その結果、だいぶ小型化に成功しています。ですから、それほど装着をしていても痛みを感じることもなくなってきています。

しかしネックは、費用が高くついてしまう点です。もし全体矯正をするのであれば、130~140万円と言ったところが費用の相場になっています。他の治療法と比較すると、かなり高額です。この治療法ですが、部分矯正をする時にも活用できます。部分矯正であれば、費用は安くなりますが、それでも50万円程度が費用相場になります。器具が舌に触れる機会が多くなるので、舌の動きが悪くなります。その結果、発音がしづらくなることがありますので注意しましょう。