建築家と二人三脚で建てる注文住宅

ホームへ戻る > 建築家と二人三脚で建てる注文住宅

デザイン注文住宅と建築家
デザイナーズ注文住宅とは?
注文住宅で建築家としておきたいこと
注文住宅~建築家からの見積もり~
建築家が建てる注文住宅のメリット

注文住宅を建てるときには、施主の希望やこだわりを取り入れた家だけではなく、住宅デザイナーなどが独自のこだわりを100%取り入れて一つの作品として仕上げた家などを選ぶ方もいらっしゃいます。これは施主の好みやステイタス感の取り入れ方、流行などもありますので一概にはなんとも言えませんが「終の棲家」となるマイホームをフルオーダーで建てる場合には、できるだけ建築家と二人三脚で作り上げていくことをおすすめします。先述の通り、建築デザイナーの意のままにお任せしたいと言う方法も一案です。ですが、ライフステージの変化とともに「暮らしにくい」家に変化していく可能性も否めません。


多くの建築家は家を建てる現在の施主家族の家の状況や家族構成などを細やかに聞き取りを行います。また、施主として外せない家のユーティリティーや環境に関する希望なども聞きとって、それを踏まえた上で家造りを行います。

例えば将来的にバリアフリーに改築できるよう廊下を広くとったり、パーティーションで部屋を区切れる多目的ホールを設ける、光を上手に使った空間づくりをするというようなことをデザイニングしていきます。このように施主の希望を叶えられるように仕事をするのがアーキテクツ集団の仕事でもありますので、できる限り二人三脚で家造りを行うというスタンスを崩さないようにして行きましょう。間取り図や建築模型を作ってもらいイメージをふくらませたり、建築デザイナーと一緒に実際に居住している住まいを見学させてもらってご自身の希望をふくらませるという方法もあります。ゆっくりでも希望どおりの家を建てたい方にはぜひおすすめしたい方法です。