デザイナーズ注文住宅とは?

ホームへ戻る >  建築家と二人三脚で建てる注文住宅  > デザイナーズ注文住宅とは?

デザイナーズ注文住宅が注目されるようになりました。これは建築家がトータルデザインした住宅であること指します。家の外観と敷地・周辺環境をすべて考慮した外装を造ったり、家の中の造りに関してもこだわりの居住性を重視した間取り・天然素材などにこだわった建築資材選びなどを行います。施主の家族環境を重視した家造りが基本とされていますが、建築家のこだわりを随所に光らせたオールデザイン住宅などもこれに含まれることがあります。


ハウスメーカーや工務店が注文住宅を請け負う事がありますが、建築デザイナー・建築士などが集団で仕事を行う事務所もありますので、様々な情報を収集して新居でのライフスタイルを実現してくれる事務所を探すことをおすすめします。それでもたくさんのアーキテクツ事務所や工務店、多くの方が選ぶハウスビルダーなどもあります。

選ぶことに迷ったら、相見積もりのような依頼をすることも可能です。コンペティションのような形で複数の建築家からデザイナーズ注文住宅に関するプロットをもらうことで住みたいと思う家、余裕がある暮らしが見えてくることもあります。


様々なプランを競合させることでより低コストでハイクラスな注文住宅を建築できる可能性も見込めます。このようコンペティション形式で複数のプランを検討してくれるアーキテクツ集団もありますので、家造りに悩んだら利用されることをおすすめします。今まで気づかなかったことや、固定観念を打ち砕く何かを見つけることができますよ。