注文住宅で建築家としておきたいこと

ホームへ戻る >  建築家と二人三脚で建てる注文住宅  > 注文住宅で建築家としておきたいこと

建築家に注文住宅を発注するときに出来る限り行なってほしいことがあります。これをせずに先方へすべて丸投げ状態にすることで、完成後の「こんなはずじゃなかった」「10年後には住みにくい家になっていた」ことを防ぐことができます。住宅・建築・環境など全てに長けたデザイナーのおしゃれな住宅に住むことが大きなステイタスを感じることもあるのですが、実際暮らす側が作られた家に馴染むとは限りません。まずは建築家が行うヒアリングに参加する事が大切です。


注文住宅を建てる時点での家庭環境や家族構成、将来的に子育てや介護があるかなどをしっかり聞き取ってくれます。

主婦にとって動きやすい生活動線を考え、敷地面積を考慮した家造りを完璧にこなしてくれます。施主のこういう家を造りたいと言う希望に添いながら、住宅デザイナーである建築家のセンスをしっかりと光らせてくれるので、おしゃれながらも機能的な家を造り上げることができます。将来的な子育て環境に配慮した間取りや介護に備えたバリアフリー住宅、昇降しやすい階段を実現するなど様々な面で「我が家」を造りあげてもらえます。


ライフステージの変化とともに成長していける家として提案してもらうことが多いので、文字通り「終の棲家」として長い時間を過ごすことができるでしょう。もちろん注文住宅には「キッチンはこだわりたい」「自分専用の書斎代わりになるスペースが欲しい」などというわがままもきちんと聞き届けてくれるので、安心してくださいね。