注文住宅~建築家からの見積もり~

ホームへ戻る >  建築家と二人三脚で建てる注文住宅  > 注文住宅~建築家からの見積もり~

注文住宅を建てようと建築家を何軒もめぐり納得できるプランを提示してもらえた場合、発注・施工の段階に移ります。ただし納得できるこだわりの家造りのプランが出来ても気になるのは「建築総額」のことでしょう。発注の前に見積もりを依頼することが先決です。こだわり過ぎてコスト度外視の住宅になってしまっては税法上でも問題が出ますし、支払いの面で支障をきたすことも考えられるからです。


見積もりはひとつの業者に依頼するのが本筋ですが、信頼出来る工務店に相見積もりが依頼できる状態であれば、迷わず相見積もりという形で価格の競合をおすすめします。コストを下げられる素材の提案を受けたり、別ルートで素材を安く購入できるお店が見つけられるかもしれません。見積もりをもらったら削れるところ、譲れないところなどを見積書を通じて家族で検討しましょう。

費用を安くするために削って欲しい部分、諦めたい仕様があれば建築家に必ず相談することが大切です。納得行くまで何度でも相談をしましょう。建築デザイナーは親身になって様々な相談を受けてくれますので、安心してくださいね。


ただし、アーキテクツ事務所の大半はプランニング・見積の時点で費用が発生しています。基本設計や実施設計に関する設計監理費用を請求されることがありますので、こちらに関してもしっかりと話しを聞きましょう。注文住宅の設計を建築士にお願いする際には、施主側が提示する「予算」「住宅ローンを使うか否か」など費用に関する予定・見通しをしっかり伝えることも大切です。