建築家に注文住宅を頼むには

ホームへ戻る >  注文住宅のハウスメーカーでの費用の支払い  > 建築家に注文住宅を頼むには

注文住宅を建てる際には、ハウスメーカー・工務店・建築家などに依頼する方法が主流です。多くの場合はハウスメーカーを通じてこだわりの家を建てたいと言うケースになりますが、おしゃれな住宅やハウスメーカーにありがちな「同じような家がまえ」「メーカーらしさが一目でわかる家」は嫌だという方は工務店や建築家を頼ることが殆どです。デザイン住宅を建てたい場合はアーキテクツ事務所など建築家集団が揃っている事務所を訪ねるか、工務店に勤務している建築士に依頼する方法を選べます。


工務店といえば、昔ながらの日本家屋を建てるお店と言うイメージがあるようですが、最新住宅工法なども逐次取り入れているので、古めかしいイメージは払拭されつつあります。また提携しているアーキテクツ事務所などに取り次ぐこともありますので見積もりやカウンセリングを受けて見ることも一案です。

直接アーキテクツ事務所に依頼する場合は、過去にどのような作品(注文住宅)を作り上げたかなども調べて置かれると良いでしょう。自分たちのイメージと建築デザイナーの作風が合わないというようなトラブルを防げます。


また住宅を建てることが出来る土地が確保できているか否かでも条件は大きく変わります。建築条件が定められている土地でも家を建てることができますが、注文住宅と言う形で建てることができない場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。団地の土地を購入した際は「ハウスメーカー指定」などという場合もありますので注意が必要です。